2019-12-16
Breaking News

未経験者が客先で行うべきこと

IT未経験の場合でも、OJTという形でいきなり客先常駐で仕事に携わることが多いです。しかしIT未経験者の場合、ITスキルが不足していたり、何よりも経験が足りないので柔軟に対応できない可能性があります。

少しでも戦力として活躍するには、客先常駐している会社のルールを理解することが大切です。どのようなことが禁止されているのか理解すれば、極力周りのエンジニアに迷惑をかけないように済むでしょう。
特にセキュリティに関するトラブルを起こすと自分だけではなく、所属している会社にも迷惑をかけてしまうために注意が必要です。

ルールを把握できたら、まず自分が行える仕事が何なのか把握しましょう。いきなりプログラムやシステム開発は難しいので、基本的にはマニュアル作成を行うのが一般的になります。
ある程度経験を積むことができたら、簡単なプログラムやシステム開発の仕事に携われるケースが多いです。

やりがいを感じられる部分としては、自分の成長に合わせて仕事の幅を広げられるようになる部分です。
最初はマニュアル作成やテストしか行えなくても、徐々に成長していき、開発や構築の業務に携われるようになります。そして案件にとって貴重なエンジニアとして活躍できるので、やりがいを感じやすいです。

残念ながらIT未経験者は最初にやりがいを感じにくくなっており、いかに努力して自分を高めることができるのかが重要なポイントになります。客先常駐した最初の内にどのようなITスキルが必要なのか冷静に分析し、必要なITスキルの習得を目指しましょう。