2023-02-09
Breaking News

客先常駐に向いているエンジニアの特徴

エンジニアとして働くスタイルの1つに「客先常駐」があります。これは委託契約の1つで、エンジニアを必要としている企業へ出向いて、そこでシステム開発などのプロジェクトに参加するというものです。

働き方としては派遣社員とよく似ているものの、雇用形態が正社員であるというメリットがあります。客先常駐として働く大きな利点は、様々な企業での経験を通してエンジニアとしてのスキルを磨くことができることでしょう。

いろいろな業種の会社で常駐してシステムに関連したプロジェクトに携わるという経験は貴重なものです。また、客先で実力が認められた結果、そのまま正社員としてスカウトされたというケースも珍しくありません。

大勢の人と協働することで、コミュニケーションスキルが伸びることに加えて、幅広い人脈が形成されるというメリットもあります。客先常駐という働き方に適している人の特徴は、社交性があり学ぶ意欲を持っているという点でしょう。

客先常駐として送り出されるエンジニアの中には比較的経験が浅い人もいます。そのため、受け入れる企業としても、就業してすぐにプロジェクトの重要なポストを任せるということはまずありません。

そうなると「自分は高いスキルを持っているので評価されるべき」「最先端でクリエイティブな仕事がしたい」という思考を持っている人は、短期間でチームに馴染むのが難しく、仕事を楽しむことも困難でしょう。

対照的に、他の人とコミュニケーションを取ることが苦にならず、サポートする仕事が得意という人には客先常駐というスタイルがとても適しています。