2019-12-16
Breaking News

一見マイナスに見える客先常駐

ITエンジニアが直面する悩みで多いのは、客先常駐に関することです。客先常駐について、自社開発業務に携われず、常に取引先を転々としているといったマイナスのイメージを持っている人もいますが、捉え方次第でプラス方面に持っていくことも可能です。

ITエンジニアの中には、自社開発できる会社で働きたいと考える人も多いでしょう。しかし、IT業界では客先常駐で働くスタイルが多く、自社開発している会社でも、限られた人しかそこで働くことができないのも少なくありません。
では、どうすれば自社開発に携われるようになるのでしょうか。それには、客先常駐であらゆる言語に触れて必要な言語や知識を習得し、いろいろな開発環境で働けるスタイルを確立することが必要です。
力があれば、自ずと自社開発プロジェクトに参加しやすくなります。自宅での学習も踏まえ、使える言語を増やすと良いでしょう。

客先常駐のITエンジニアは、プロジェクトが終了するとまた次のプロジェクトで取引先に赴任することになります。さまざまな会社で仕事ができ、使える言語の種類が増えるので自身のスキルアップにつながります。

ただ、客先常駐は場合によっては転居を伴うので、生活が安定しないこともあります。
自社に転居を伴う転勤を控えてもらうように伝えるのも大事ですが、期待できない場合もあります。そのようなときは、客先常駐で知り合った人とコミュニケーションを取り、人脈を広げておくのも得策です。
多くの人と接点を持つことで、転職しやすくなることもあります。つまり、それだけ働きやすい環境に身を置ける可能性が高まります。