2019-10-16
Breaking News

サポート体制が整った職場を選ぶ

IT業界で客先常駐の働き方を希望する人の数は年々増加しています。スキルや経験に応じ、プログラマーやシステムエンジニア、ITアーキテクトなど、さまざまな職種を選ぶことができる環境が整いつつあるのが現状です。

そうした中でIT未経験から客先常駐の仕事にチャレンジをしたい場合、充実した研修が用意されているところや、先輩のエンジニアにいつでもサポートをしてもらえるところを勤務先に選ぶことが大事です。
特に高度な技術が求められるITサービスを提供できるようになるまでには、数年以上にわたる研修期間が必要になることもあります。そのため、人材育成に積極的に取り組んでいる企業の特徴をいち早くチェックすることが大事です。

また、IT業界では技術系の職種だけでなく、法人営業や経理、総務などの一般企業と同じような仕事ができる企業もあるため、自分自身の適性や過去の社会経験などを考慮しながら、じっくりと職場探しを始めることがポイントです。

なお、業界大手の企業の中には、一人ひとりのエンジニアが客先常駐の仕事に取り組みやすいよう、個別の教育制度を導入するところも少なくありません。IT未経験者が無理なく働ける就職先を見つけたいのなら、各地で行われているIT業界の合同面接会や企業セミナーなどのチャンスを逃さないようにしましょう。

また、実際に客先常駐の仕事を長く続けているエンジニアの体験談を聞くことで、仕事の魅力ややりがいなどを把握しておくことも大事です。